気に入らなかったら描き直すなり、終わった後でもっと良いものを創ればいいじゃない。の精神。

ちなみにこの構図にたどり着くまでに、全く別の構図も3枚ぐらい没ってますからねー、昨日の段階で。次描くときにそれらも描いてみればいい。

てことで、そのまま続行!

なんていうか、逆でしたよね。

今までは描いたものがもったいないとか、なんか、自分のイラストを特別視していたような………(´`:)

せっかくなんだから……みたいな考えが頭にあったのね。でもそれは、きっと枚数を描かないからだと思うし、完成までめったに持ち込めていなかったからなんだと思います。

最初から手早く、完成品を量産する気持ちで描いていけば、そんな通過点な1枚に特別な感情なんて持っている暇はないというか、描き終わって半日も経てば前作は駄作。そんなきがする最近。

描く度に上達してますからねー……自分で言うのもアレですが(^_^;)

速度も上がってますし、手癖?はいけないのでしょうけど、リテイク回数が激減しています。

完成品へのハードルが明らかに下がっています。作品レベルが下がっているのではなくですね。

良い傾向です、おそらくは。

今回もちゃちゃっと(とはいえ、前回みたいに没にならないレベルで)完成させて、次へ!!

………でも、人体やデフォルメ、さらに描き込みについてはほんともっと勉強しないといけないとおもうんだ……描けるようになればなるほど、目にみえて『嘘っぱち』が悪目立ちしていっています。

スポンサーサイト



コメント
こんにチワワって美味しいの?

またまた面白い構図を考えますたなー。
どこをどの様に「夏」にされるのか…ちょっと妄想して来ます…

…… キリトリセン ……

…妄想しましたがよくわかりませんでした(笑)
あ、ぱんつは見えてる方向でおねが…ピシッ! (*ー"ー)ノ☆)゚ロ゚)ノ

ふーむ…自分の描いたものを特別視…ですか。
ワイはもともとそういうの無かったかも…だから自分の描いたものをラクガキだと言い切ってる訳ですが。
何事でもそうですが、他人ってのは自分が思うほど評価なんてしませんからね。お世辞は言うでしょうけど(笑)
良い評価される事より貶されたり馬鹿にされたりする事の方が多いんじゃないかなぁ~と思います。人間ってそんなもん。

もう僕とは縁切りになった人が、自分の描いた物を評価しろ!コメでは必ず触れろ!と言ってましたが…
正直言えば「評価に値するのか?」って気もしましたしね。きっつい言い方ですが(笑)
絵についての進言を一向に受け入れず、時には良かれと思って言ったコメを改ざんまたは削除する奴のミミズの這った様な絵を褒めろと言われても…(汗)
正直僕もヨイショするのに疲れてましたね(笑)

その点、柚希さんはかなり良いと思います。
コメした僕自身が「ちょっと辛辣かな~(汗)」と思った事でもちゃんと考えて受け止めてくれますから…。
学生時代の終わり頃、講師の助手で新入生にIDの絵を教えるお手伝いしてた事がありましたが、
上手になる奴ってのはパターンがあるのに気付いてました。
練習を沢山するのは当たり前ですが、何より先生はじめ他者のアドバイスを素直に聞き入れる奴は上手になりましたね。
最初はヘボくてもだいたい上手になってました。
まー柚希さんはオリジナリティに固執するきらいは感じますが、人の話をハナから全否定せずちゃんと考えられてるので…
やりようによってはその内化けるかも?と、勝手に思っちょります(笑)

あ、何かいつになく長くなっちまった…スマソン。

2017/04/13(Thu) 16:45 | URL  | いぬふりゃ☆ #EUzXsmB6[ 編集]
Re: タイトルなし
チワワは美味しかったですよ(大嘘)

さてさて、夏!!
ですが、具体的には『雰囲気』で夏を表現したいところです!
具体的なのに雰囲気ではあまりにも具体性がありませんね(´`:)
季節には色や、光があります、秋は空が高かったり植物が暖色に染まっていたり、夏は緑が茂っていて入道雲や強いコントラストが印象的。冬は白色光が強めで、植物などは枯れたりしています。などなど。
でー、今回の没ラフにはアイスをしゃぶって(意味深)いたり、浴衣をイメージしたりと、露骨に夏を描こうと思いましたがやめました。塗りや背景の雰囲気で、見た人全てが『あー、このイラストの舞台は夏だね』と満場一致で答えてくれる仕上げをしようかと……現状の実力じゃ無理でしょうけど。それは……あれです、出来ないことにチャレンジしていかないとステップアップは云々。
保険かけて、制服が夏服だったりとズルはしていますけど、それはそれで、ええ、はい、意地張って矛盾させてもアレですし(^_^;)
おっと、パンツは駄目です。パンツの暴力に訴えかけて評価を得ても複雑な心境になりますからね(^^;)

あー、特別視とは、別に、私が頑張ったから評価されるべき!などと考えていたわけではありませんよ!
ここでいう特別視というのは、なんていうか、1作入魂?しくじったら全てが損、というか、『作品』とか『表現』に悪い形で固執していたというか……のわりには下描き未満のラフを上げまくってた時期もありましたがー─それが悪い意味での表現主義だったといいますか。
やりたいことができていれば及第点。みたいな考え方だったのです。
して、それらを最近は払拭して、人に見せるものを淡々と、という方向へシフトです。
そしてお世辞が怖いのがあるので必要以上に自身の作品を咎める節もあります(´`:)
わたしは、他者の作品は上手くても下手でも、『好き』や『表現したいもの』がみえれば気にしません、が、自分の創るものに関しては納得のいかないものにはやはり納得がいかないのです。
こう書くとわたしも結構頑固ですね(^_^;)
むしろ、自身の作品に関しては、自分が思っているよりは評価して頂いている方ですよ、ありがとうございますm(_ _)m

作品に関する批評に関しましては、貴重な第三者の意見ですからね!
長く自分のイラストを描いていると、どうしても客観的な見方というものが不足してきますからねー……そりゃあ、露骨に『へたくそ!』『魅力なし!』『やめちまえ!』なんてされたら落ちますけど、具体的な進言と、客観的な意見というものはちゃんと自分の理想と摺り合わせつつ落とし込ませてもらってこそです。
おっしゃるとおり、それで個性や描きたいものを捨てたりはしませんが……あくまでも、お互い寄り添い、妥協点を見つける。そんなイメージが良いかなーと。
仕事も現状そんな感じですからね、お客さんや上司からの要求と、自分の出来ることや付加できるもの、できないものの妥協点を見つけつつ仕事をする。いずれ絵でお金が欲しいとも思ってますから、今の仕事の感覚はそのままシフトさせたいところです。
それから、貴重なお話をありがとうございます。裏を返せば、さらに広範な意見に耳を傾けて、吸収し、うまくオリジナリティへと落とし込むことが出来ればまだまだ上達の見込みがあるということでいいのですよね!
もちろん、化けるつもりです。これからは、本当にやりたいことを続けたければ化け物を相手にしていかなくてはならないわけですから……(´`:)
できなきゃ、みじめな北海道生活が………orz

と、私もずいぶん長くなってしまいましたね(笑)
精進します!これからも、今から!では、今夜も進歩があれば更新あるかもです、よろしければまたお越しくださいm(_ _)m
2017/04/13(Thu) 18:24 | URL  | 柚希 ひろ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック
トラバURL:  
この記事へのトラックバック