柚希さん、発光レイヤーの反則仕様にぶち切れる。

デジタルに移行してからすぐ、それからしばらく透明感のあるの塗りに憧れていた私でしたが、今日偶然その方法を発見。

いいですか?超簡単すぎて拍子抜けしますし、試行錯誤に悩んでいる人間は怒るかもしれません。

手順①

線画にバケツで下塗り。

手順②

下塗りレイヤーに陰影やハイライトレイヤーをクリッピング、テキトーに影と光をかきかきφ(._.)

手順③

下塗りレイヤーを発光レイヤーに変える。

もう一度。

下塗りレイヤーを発光レイヤーに変える。

そう、事実上の手間は下塗りレイヤーを発光レイヤーかえるだけですよ!!!それだけだったのですよ!!!!(´・_・`)

結構努力して、薄い筆で塗り重ねたり、光の効果いじって塗り混ぜたり、色々試したんですけどねぇ、まさかクリック3つでそれなりに透明感でるなんてさ………おい。

てか、下塗りレイヤーいじったら実際に絵が透けてるし!!

透明感とかうんぬん以前に発光レイヤー透明じゃない!ふざし!ふざし!

これは、、まぁ、あれです。透明感ある塗り目指してる人へのヒントです。

もう一度書きます。

ふつうに塗って下塗り光らせるだけですよ。やってられん。

まぁ、なんですか、参考程度になっくれればそれでいいです。いつも応援ありがとうございます。

追記※発光レイヤーは背景が下地が白だと色が出なかったりするので、このやり方で透明感を出すならば、好きな色で塗り部分の下地(シルエット)を塗りつぶす必要があります。この絵でいうなら、人物のシルエット部分だけ背景色のグレーで塗りつぶせばいいということですね。

なんなん。なんか、毎回発光レイヤーに拍子抜けさせられてる気がする。こんなんずるいわ。

写真じゃわかりにくいでしょうし、切り抜いた元データ貼ります。

まぁいいや、気を取り直してさっさと箒と背景をば。

そう、さっさと箒をね。

さっさと

そう

箒………だけに!!(朝のテンション)

あー、あと、余談ですが、ガラスみたいな透明感欲しかったらさっきの手順に加えて陰影ぼかすだけ。

それてこうなる。

あとはこれに欲しいハイライトをいれていくだけ。

やっぱずるいわ、デジタルは。知ってるのと知らないのでこんなに差が出る。勉強じゃんこんなん。

塗りで困ってるみなさん、一緒に頑張りましょう。打倒デジタル(?)です。

スポンサーサイト



コメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック
トラバURL:  
この記事へのトラックバック