頭を冷やそう、先日の呑み会絡みの記事は落ち着いて削除しましたので落ち着いてください。

先日は落ち着かずに落ち着きのないお見苦しき記事をお見せしてしまいまして申し訳ありません。落ち着きます。

コメントも頂いておりましたが、それも消えてしまいましたね、謝罪します。

部屋にいても気が滅入るので、落ち着きを得ようとまた秋葉原へと足を運び、落ち着いております。

とりあえずでるならどこでも良かったのですが、なんとなく秋葉原です。

落ち着いて、考えを改めないといけない。

私の本当にやりたいこと。

そのためにやるべきこと。

そして、必要なこと。

見直していかないといけません。

人間だもの、色々あるよね、でも、いろいろに振り回されて方向を見失えば、結局損するのは自分なのよ。

もし、方向を見失ったなら地図を見ればいい、コンパスを眺めればいい、なんなら、手元のスマホでググればいい。

黙ってても、充実していても、嘆いていても、死に向かっている。人間には、時間は限られている。

死なんて先のことよりも手前には、『取り返しのつかない後悔』なんていう死よりもずっとこわいことだってまっている。

だめです。無駄にしてはいけない。今日だって生きてる。裏を返せば、今現在も死に向かっている。

直接的にも、間接的にもです。

先日の怒りは忘れましょう。あの人達はああやって死に向かえばいい。私の知ったことではない。

そんなものに構ってる暇があるなら、私はもっと生きてみせる。

それが、元恋人との一連の出来事で打ち出した答えです。忘れちゃ意味ない。

あとで、全てに対して『私の生き方』を叩き込めればそれでいい。今は、目先のことにとらわれるよりもっと先を見据えて行動しましょう。

私はまだ若い、が、若すぎやしない。

頑張りましょう。

スポンサーサイト



コメント
No title
わんばんちゃ~。

む?先記事消したのですか??まぁそれも良いでしょ( ^ω^ )
僕は「あーなんか嫌なことあったんだなー怒ってるんだなー」と思いつつ読ませて貰い、
何か言うべきか言わざるべきか…とか考えてましたが。
まーそりゃ頭に来る事もありますよ。
僕も先日は珍しくちょっと怒りましたが、今となっては済んだ事で…
いや~我ながらちょっとアレだったな~と少し反省もしたりして(笑)

若いうちは熱くなるのは当然ですよ。それが間違った方向に向かっていない限りは。
それと心の柔軟性があればダイジョブだと…。
自分の考え方ややり方と違っても「それもアリだな」と認める心の広さというか。
自分の中でしか通用しないルールを押し付けたりするのはまぁ、論外ですけどね(笑)
歳食ってくるとその熱もだんだん覚めてきます。そしてまるで僕みたいに「ま、いいか」で済ませる様に…(笑)

秋葉原ですか。
むかーしむかしに東京在住の歳下の友人と居た時に「秋葉原ってどんなトコ?ちょい興味あるんだけど」と訊いたら、
「あんちゃん(僕)は絶対肌が合わないトコだと思うから勧めない」と言われた事がありますた…(^q^)


2017/02/26(Sun) 16:17 | URL  | いぬふりゃ☆ #-[ 編集]
Re: No title
こんちわ!
消しましたよ。見る度思い出すし気が滅入りました故……
人間ですからね、どうしても仏になりきれないこともありますし、人間だからこそ、仏な自分に腹を立てることもあるのです。
しかし反省とそれをプラスに変える心のバイタリティがあればこそ。
二日程度で見切りをつけた自分を少しほめてやることにします(´`:)

自分の中でしか通用しないルールの押しつけ。
これだ。これですよ、自称大人の汚いところ。常識とか、当たり前とか、あたかも自分が多数派であるように語り、自分の考えを全ての正解であるかのように押しつける、特に、立場のよわいにんげんに対して揺さぶりをかける。
許さない。論外なので相手にするのもバカバカしいのですが、許せない。
この気持ちは忘れたくないものです、若いからそう思うのかもしれませんけど……ある意味勉強になりましたからね、恥ずかしいおとなにはならないという決心も得ました。たにんに誇れる自分になる。
創作だけではなく、生活全般で自分に課した目標です。

秋葉原は良いところですよね、昔はきっともっと良いところだったのではないのでしょうか?憶測でしか語ることができませんけど。
おっしゃるとおり、人を選ぶ場所であるには違いありませんけどね(^_^;)
今週も先週と変わりないあの街に、少し冷静さと創作意欲を取り戻しました。
結果的に、今週も秋葉原で良かったです。
2017/02/26(Sun) 16:52 | URL  | 柚希 ひろ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック
トラバURL:  
この記事へのトラックバック