思ったようにいかないけど、練習!

スランプ言い訳に描かないよりはいいかなと悪あがき。

背景練習必要。

やっぱりまだ『何か』が足りない。何かがわかれば飛躍的に化けられる気がする。

んだー。なにがたりないのか。

今週も休日出勤だろうしまだ火曜だしねる(´`:)

スポンサーサイト



コメント
No title
>やっぱりまだ『何か』が足りない。
何かがわかれば飛躍的に化けられる気がする。

初めまして、こんばんは。

自分の壁を発見たのは、凄いと思います。
一生懸命にするからこそ、見えないものに悩むし、
乗り越えたいと思う。
真面目にするからこその、
後で考えれば、悩んだ素敵な時間になれば。
良いなと、思います。

タイトル良いな、と思いました。
「未来の履歴書」素敵な履歴書にしてくださいね。
では、また来ます、これからも宜しくお願いいたします。
2017/02/22(Wed) 21:48 | URL  | 雫 #Z7LMGkjQ[ 編集]
Re: No title
初めまして。
日頃お見苦しい記事をお見せしてしまいましてすみません。
柚希ひろという名前でブログを管理しております、以後お見知りおきを。

素敵なお言葉と励ましをありがとうございます。
私の思う一生懸命と、創作に対する『本気』をそのまま受け取って頂いたことを非常に嬉しく思います。
このたび頂いたお言葉と思いを胸に、そして無駄にしないよう、日々精進いたしますので、今後とも暖かく見守って頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

さて、未来の履歴書についてですね、読んで字のごとく、このブログは将来的に私の活動の足跡、履歴書となります。
もう、このブログにおいては、新たな記事が追加された時点でそれは過去、履歴書の1ページとなります。
人に見せても恥ずかしくなく、誰にお目にかけても誇れるような、ここにあったたしかな『私』を示すことができるものにできるようにという願いがこめられております。

こんごのおつきあいは私のこの履歴書をご自身の目でお確かめの上、ご検討をいただけると嬉しく思います。
いつも本気であるがままの私でよろしければ、今後ともおつきあい、是非よろしくお願いいたします。
2017/02/23(Thu) 12:27 | URL  | 柚希 ひろ #-[ 編集]
No title
はい、お返事読ませてもらいました。
真面目だ、そこが良いですね。
私も年はとっていますが、
子供のよう未熟です。。
これからも宜しくお願い致します。。
2017/02/23(Thu) 22:00 | URL  | 雫 #Z7LMGkjQ[ 編集]
Re: No title
好きなものに携わるときには、自分の内側はもちろん、それに対して向き合ってくれるものには誠実であるように、素直であれるように心がけております。
私が今よりもう少し幼かった頃に、物事に不誠実であったことに少しばかり後悔を感じておりまして、そのツケを最近清算し終え、今に至ります。
その経験のおかげで、二度、深く落ち込みましたが、立ち直り、前を向くことの大切さと楽しさを実感しています。
この姿勢を真面目と捉えて頂けたのであれば、そのとおり、私はきっと真面目なのだと思います(笑)

雫様はおそらく私よりも年上のお方だと思われますが、無礼を承知の上で、ここは人間同士でお話させて頂きます。

自身の未熟に気づけるのは、大人だからです。
そして、子供は時に大人よりも大人。
私はそんな子供に憧れて、童心にかえりつつ大きな夢を打ち立てました。
未熟な私には大きすぎる夢ですが、子供の私にならきっと叶えられる。
上手くまとまりませんでした、すみません。
けれど、私は良い意味で『子供のように未熟な大人』というものは、素敵で興味深いものだと感じておりますよ。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
2017/02/23(Thu) 22:55 | URL  | 柚希 ひろ #-[ 編集]
No title
>子供のように未熟な大人

困ったことに、上に書かれている以上に
子供の子供です。
総合施設で案内などしていました。
図書館もありました。
子供が遊びに来て仕事にならないが
他に仕事もないので、子供の相手が一番楽しくできました。
結局、宿題のお手伝いをさせられていたようです。
子供でも安心できる大人の人。
だから、幼子詩を書けるのだと思っています。
では、また来ますね。
2017/02/24(Fri) 22:11 | URL  | 雫 #Z7LMGkjQ[ 編集]
Re: No title
安心感のある大人。素敵です。
子供の目線にたって子供に接することができるのは難しいことですし、凝りかたまった頭では難しいことですよね。
私には、歳の離れた妹がいて、その対応にはよく頭を悩ませたものです。

また、子供にとっても安心して接することができる大人という存在は貴重でかけがえのないものですね。
昔、私はそういう大人と出会えなくて、大人なんてろくでなしばかりだと思っていましたし、実際に自分が大人になってみて、それに関して痛感しています。
大人なんてろくでなしばかりですよ。
すみません、私事ですこしばかり無駄を抱えてしまい、冷静さを欠きました。

とにかく、これから成長していく子供達、また、間違った大きな身体の赤ん坊たちに良き影響と経験を与えられますよう、その大ららかな心と大きな器を誇って大切にしてください。お願いします。
そうして、あなたの『創作』で、未来をつくってください。
私も協力いたしますし、今、この『社会』という鳥かごにはそんな鍵や青空が必要不可欠なのです。

またのおこしをお待ちしております。
2017/02/24(Fri) 22:55 | URL  | 柚希 ひろ #-[ 編集]
No title
そうですね、自分でできること、
(書くこと)そのチャンスをもう一度もらえたから、
恩返しをしなければいけないでしょうね。

詩や童話を書いて、すこしはみんなのきもち、
こころを明るく、真っ直ぐに向いてもらえるように、
書かなければ、ある意味、生き返った意味がないでしょうね。

>あなたの『創作』で、未来をつくってください。

すごく大きな、でも、身近な私の望みでもありますから。
できる出来ないの結果は別にして、努力は死ぬまで続けていきたいですね。

ではでは、また来ますね。
2017/02/25(Sat) 21:48 | URL  | 雫 #Z7LMGkjQ[ 編集]
Re: No title
生き返った意味がない。ですか。
チャンスに対する恩返し。
仰るとおりですね、やりたいこと、やるべきこと、そして、できること、その全てに力があるなら、作用するものがあると信じるのであれば、やはり今あるこの自分を無駄に浪費することは賢いことではありませんね。
そして、それを踏まえた上で死ぬまで努力を続けること。
大切なことです。

今日、私は立ち止まり、また自身とそのリソースをむだにしてしまいました。

考え改めて進まないとなりませんね。
ありがとうございました。

是非、またお越しください。
2017/02/25(Sat) 23:58 | URL  | 柚希 ひろ #-[ 編集]
No title
無駄は必要だと思います。
立ち止まることも、必要だと思います。
進むばかりが良いことだとは思いません。

と、言いたいのですが・・。

どうでしょう?

映画「ビリギャル」 観たことありますか?

私は好きで、何度も見ました。
真っ直ぐに進む姿、でも挫折も、

進みたいが、立ち止まり、引き返すぐらいの挫折。
でも、今の自分の力を再認識して、進む姿が好きですね。

そういう無駄。も、必要です。と言いたいです。
大学入試に、引き返して、中学英語からやり直す・・・。
とても無駄に見えるかもしれませんが・・

立ったまま飛ぶよりも
飛ぶとき、しゃがんで、ジャンプのほうが、飛べると思いませんか?
進むために、立ち止まって、引き返して、振り返って、前を向く。
それからでも、進めると思います。。。

ではでは、また来まね。。
2017/02/26(Sun) 22:58 | URL  | 雫 #Z7LMGkjQ[ 編集]
Re: No title

激励のお言葉として頂戴いたします。
無駄という言葉えらびが不適切であったかもしれません、文字に落とせば同じ無駄にも様々な意味やとらえ方がありますものね。

すみません、映画に関しては見たことがございません。

が、内容を聞く限りでは私も好きな映画だと思います。
私は映画『リアル・スティール』のような愚直な努力や、『僕たちと駐在さんの700日戦争』のようなかえりみない若さに溢れた映画が好きですからね。

補足としては、私は無駄を完全否定するつもりはありませんよ、なぜなら、無駄を限りなく排除していけば、私の今の活動そのものが無駄になりかねませんから。
過去のどこかの記事に書き込んだ記憶がありますが、私は無駄を愉しむ心は非常に高尚で余裕のあるものだと思っています。

反動というものですね。
坂道で車輪を押し上げるときも、一度引くとすんなりあがったりするものですね。
問題は、どれほど引くか、飛ぶときにはどれほどしゃがんでみるか。これらの程度を間違えると、反動も無駄になってしまうこともあります。
ともかく焦らず急がず、ではありますが、あまりに牛歩な己にやきもきしている状態ですね。私は。
口だけで終わってしまうのではないだろうかという恐怖が、今はいちばんの敵です。

またのお越しをお待ちしております。
2017/02/27(Mon) 12:30 | URL  | 柚希 ひろ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック
トラバURL:  
この記事へのトラックバック