十一月をもくぜんにして、スマホの制限がかかってしまいました。
不便で仕方ない。が、仕方ないorz

こんばん。雪さんからのアドバイスを念頭に置いてぬってみました!



アナログの頃からそうでしたが、どうも私は陰影表現が弱いらしいです……(´・_・`)
なんだろう、立体感が乏しくなる……
一度、初心に帰ってモノクロで仕上げる練習をすることも必要かもしれないですね。デッサンをサボっていた影響がここへ来てじわりじわりと陰を堕としています………


陰影……だけに!


………(´・_・`)


透明感ですね!
透明感は、なんとなくわかりました!
透明感を出そうと思ったらなるべく筆による色づけは避けるのがよろしそうです!
筆を使うとどうしても塗りに高さ?厚み?が出てくるので、極力筆を使わなくて済むよう、線とグラデの神隠し。……嘘、線とグラデとエアブラシで塗りを進めていくのが良いみたいです。
それと今回塗り過ぎました。もっと手を、もっと練習をと思い塗り込んでいきましたが、実はかなり早い段階でかなり透明感のある塗りができていたのです。
髪に筆で陰を入れ始めたあたりからまた塗りに厚みがでてしまいましたね。ざんねん。

逆になるたけ手をつけずに色味を出そうとした肌の方はまだ透明感の跡がみえます。
陰も線画として作って、バケツとエアブラシでなじませるだけで実は上手くいくのかもしれません。


それから、雪さんに教わった、線画の色に寒色



 マ ジ で し た 


裏技ですねこれ。透明度保護の使い方もおかげでなんとなくわかりだいかつやくでした!
しかしよくよく考えたら線画の色が黒いってだけで、そこに奥行きが出るのは当然かもしれませんね。奥行きや回り込みを表現したいときに、そこにインクを入れていくのはアナログでもあるテクニックらしいですし、現に私の線画もそれを取り入れたら嘘みたいに見違える出来に仕上がりました。←その様子はユウのがアルマの頭を撫でてる絵を描いたときの記事参照。

逆に言えば、抜けるような薄い表現をしたいなら線を極力細くして、なるべく強弱を抜くのも手なのかも………

それやると、本当に線に誤魔化しがきかなくなるのでかなりのテクが要りそうですけど……(^^;)


課題は、山積み。
でも、やらなくては変わりません。
がんばらないとなー

スポンサーサイト



コメント
絵はほんと素人なんでろくなこと言えないけど、光源の位置を設定したらどこに影ができるか分かりやすくなるんでないか。
暗闇の中で顔の真下から懐中電灯当てた時の影のでき方とかイメージするとわかりやすいんじゃないかなあとか思った。
光が強く当たってるとこはハイライトで白く飛ばして、影が深いところは濃い目の色で塗ったらいいんでないかな。
しかし不思議な髪色で面白いね。
なんかわた氏の絵みてるとほんとに描きたくなってくるパワーがむしろ怖いw
2016/10/30(Sun) 00:52 | URL  | 機島 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
描きましょう!!すけ氏!!
描きたいと思ったときに描いていかないとモチベーションがもたなくなりますよ!
モチベーションがあるだけでそれは幸せな状況です!描こうと少しでも思った段階で頭にイメージが産まれ、他者の絵に観察眼を持ち、脳が動き始めたときにはすでに上達は始まっているのです!
そうなったらあとは描いて手に動きと正解を覚えさせればまた上達します!!

して、陰ですね、なるほどそれいいです。
懐中電灯を顎下から当ててる絵で陰の落ち方割れ方のイメージを培うの。
それなら参考画像もたくさんありそうですし、うまく描けるようになったらオーディンスフィアのパケ絵みたいな構図もうまく描けるようになりそうですね(*´ω`*)
ちなみに私の絵は基本的に画面右上に光源がありますよー。
が、今回の絵は確かにちぐはくです。頭の光り方を見るにたぶん、若干逆光なんですよ。
ですから、身体の正面側はほとんど陰になると思うんです。
あと、前髪も。腕も左端だけ濃くなってますが、頭の光り方的には……腕の左八割が暗く、且つ上から半分くらいは陰になり、逆光効果で腕の右端だけ線状に縁取られる形でヒカルのが正解かなと思いました(´・_・`)

髪色はこだわりましたよ、紫に下塗りして、青と水色で焼き込みグラデ乗せて、先のペン色変えて、薄い消しゴムで透かし、筆で立体感を出したあとにぼかし、境界線をエアブラシで埋めました。
そしてぶっちゃけこうしたらどうなるのかわからないままに進めていきましたwwww

練習したいのはアニメ塗りかな、しばらくは。
練習していきます(´▽`)ノ
2016/10/30(Sun) 01:14 | URL  | 柚希 ひろ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック
トラバURL:  
この記事へのトラックバック