真面目に絵の練習を始めてからというもの、今まではあまり感じなかった気持ちが芽生え始めた。

羞恥心。

下手くそで稚拙な絵をネットの海に放流するのが恥ずかしい。

つい最近までは下手くそでも雑でも、描いて公開すること、伝えることにいみがあると思っていた。から恥ずかしげもなく下手くそな絵を流してきた。

何をやっていたのだろうかと思う。

描いた本人はそれで満足かもしれない、けど、みる側からしたらゴミだ。私は今までゴミを写真に撮ってブログに上げていたのだ。

思うととたんに恥ずかしく、むなしい。
一人で盛り上がって、客観的に自分を見ていなかった。



今後は自分が『作品』として納得のいくもの以外をブログに置くのはやめようと思う。
練習は続ける。


今日もゴミを紙二枚分出した。
これからも積み上げたゴミの山を階段にして、少しでも高いところへ昇っていこうと思う。
スポンサーサイト



トラックバック
トラバURL:  
この記事へのトラックバック