みなさん、こんばんは。
ようやくディスガイア熱も冷めてきたので少しずつ営業方針を戻していかんとね。

ちなみにディスガイアの方はというとメインで育成していたぽこんのDEFとRESも10000000超えたよね………うん。パラメータだけみるととうとうラスボスだよね……ほんと( ・_・)

さてはて、脱線しそうなんでディスガイア話はここまで!

今日は記事カテゴリが『絵』になってるけど絵はまだ描いてない。これから描く……というより、描こうとしたときに疑問。

みなさんが絵を描くときって何を基準に紙の方向を決めてるんですか?

あ、はいそうですか、正方形派はお呼びでないんよ。

私は長方形の紙のほうが重宝してますからね。


………ちょうほう………だけに!


…………ごめん………!


はい、どうやって紙の方向決めてるの?

私は……フィーリングで……。

あのですね、フィーリングですけど、気分ではないのです。
ほら、絵を描こうとすると頭に一瞬だけ描きたい絵が浮かぶじゃないですか。ぴーん!って。
それに則ると紙の方向はもう決まってしまうというか……というか、みなさんは頭の中に理想というか……自身の心を動かす『絵』、もってますよね?

……え?……あるよね?
だって、自分の感性すら動かすこともできないもので他人の感性を突き飛ばすなんて無理でしょう?(´`:)
私はその完成イメージとのすり合わせの段階で理想と現実の差に嫌気がさしていつも描くのが辛くなるのですけど……。
ちなみに『落書き』にはそれがない。なんとなく描いてるだけです。


ああ、そうですね。
紙の縦横というより、皆様の頭の中には絵に関する完成イメージはあるのでしょうか?
そっちのほうが気になりますね!

本当に『絵が描ける』って人はもう、紙に完成図を脳内投影してそれをトレースするだけだという話を聞いたことがありますけど……残念ながらそんなことが上手くできるはずもなく……私はパッと一瞬完成図が視えるだけなんですよね……そして細部をイメージしようとすればするほどイメージが霧散しますし……。

私がたまに描く
めちゃくちゃテキトーで荒いのに普段より凝った構図で描かれてる落書き
はイメージが霧散する前にペン先で捕まえたものなんです。実は。
そしてこないだの落書き連チャンのうちの数枚がそれだったり、それの練習だったりしてますので雑でもお許しを。


いつものことですけど、またとりとめなくなった……!

まぁいいや。とりあえず描いてきます。
今日もイメージだけならば何枚か出来てますから、あとはそれを紙に起こすだけ………っても、これが一番難しくて一番大事なトコなんですけど!!(-_-;)


何度もいうけど!私は立ち絵なんて描きたくないんですよおおおお!!!

絵は『表現』するための手段。小説や動画、会話と一緒。
伝えるものがない絵なんて冊子をとめるホチキスの針、クリップ、テープと変わらんね。




つまりなにかって……


背景や陰影、色塗りも勉強しないとなぁ……(´-`)



あ、でも、立ち絵一つとっても何かが伝わる立ち絵とそうじゃない立ち絵もあるよね!


書き手の感情って、作品に色濃く出ますよね。








追記

あとで気づいたけど、10000000万ってなんだよ(´・_・`)
修正しておいた。そして絵は進まないorz
スポンサーサイト



コメント
 正方形派の俺登場。
 ぶっちゃけブログのテンプレートからはみ出さないギリギリの画像サイズなら何でもいいと思ってるなあ。
 立ってる人の絵だったら横600pxの縦800pxとか。
 縮小表示されちゃうのがなんか嫌で、そこだけは調べて書いてる。
 びびっと絵が浮かんだ時はなるべくデカいサイズで描いてテンプレ幅に縮小して記事にする感じ。
 背景はともかく、陰影はしっかりやったほうが上手くなるらしいね。
 デッサンって結局は立体感の把握を目的としているらしいし、それができてればデッサンなんかいらねーっていう意見もネットで見たことある。
 色も結局は(アニメ塗りだとしても)どうやって立体(リアル)っぽく見せるかって技術なんじゃねーかなーと思う。
 色ついてると華やかに見えて、目にも鮮やかだし、塗って悪いことは一つもないからぜひ挑戦して欲しいなあ。
 アナログの彩色って、どうやるのか検討もつかないので、なんとも言えないけどねw
2015/11/13(Fri) 06:44 | URL  | 機島永介 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
まさかの正方形派が釣れるという意外性(笑)

おはようございます、昨晩はパースについて頭抱えて結局かききれませんでした!

大きく描いて縮小は線を綺麗に見せる上でも使える小技らしいですよね。
綺麗な線をひけないわたしとしては積極的に使っていきたい手です。
しかしわたしの場合はぶっちゃけスマホ撮影なので紙の大きさ自体はどうしようもないということに今気づいたのは内緒。

そしてデフォルトされた陰影を学ぶのにはアニメの模写がいいらしいですよね。
上手い人ほどあまりパースや正解にはこだわらず『それっぽければアリ』というイメージです。

色はいまのところは私は色鉛筆しかもってないです(´`:)
見栄えに関してはアナログはどうしてもデジタルに見劣りがちですからね、なんとかして見栄えをよくしようと思うとやっぱり色塗りですよねぇ……。
モノクロで見栄えを考えるとコントラストの強いパキッとした絵にしないとぼけちゃいますものね。

わたしの理想はモノクロでさっぱりした絵なので、あまり色塗りについては考えてませんでしたけど、なんでもやるにこしたことはないんですよね。

先が長くて気が遠くなりそうです(;¬_¬)

2015/11/13(Fri) 07:36 | URL  | 柚希 ひろ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック
トラバURL:  
この記事へのトラックバック