みなさんごきげんよう、突然ですがみなさんは人生で一番血を流した日を覚えていますか?


……え?私ですか?

そうですねぇ………他の出血を除いて『怪我』だけで限定すると………ですけど………


まず間違いなく今日という日がそれだとおもうんよ(((´・_・`))))


怪我をしたというと語弊がありますね、違いました。

自滅です


厳密にはだいぶちがうと思いますけど、たぶん『好奇心に負けて瘡蓋をはがした』という表現が近いでしょう。
そして心理状態としては『糸くず程度だと思ってセーターのほつれを引っ張ってみた』ぐらいの感覚……それがあんなことになるなんて……。



お昼休み、私は1人で椅子でくつろいでいました。
そのとき、スマホをいじる右手親指に違和感が……

(´・_・`)〈あ。これは……

私は違和感のもとを見つけるなり、鬱陶しさの余りにそれをこう……ね、えいっ!としたわけです……。
苦痛に顔が歪むのと同時に


右手首を撫でる40℃弱の液体の感触

が走り、見たときにはすでに手遅れ。

床に血が、降り始めの雨がコンクリートに跡を残すようにタッタッタタパパパパパっと垂れ、あわてて敷いた私の左手はあっという間に血だまりと化し、私はあまりの出血量に目を白黒させながらお手洗いへとかけました。



………いやぁ、その後はプチ騒動になりましたね。
あまりの出血に、普段は部下に無関心で絶対に自分からは動かない上司が救急箱を用意してくれたりなんだり……。
床に垂れまくってた自分の血を後で自分で片したりなんだり……。


傷口関連であんなにたくさんの自分の血をみたのは生まれて初めてでした……。
おそらく全部でお弁当に入ってる魚の醤油さし6個分ぐらいの出血量だったのではないでしょうか?
あの左手の血だまりをみせれば「課長!刺されました!」とまずありえないような冗談こいても信用してもらえるレベルでしたよ……青ざめたわ……(´`:)
そして前回の切り傷とはぜんぜん性質の違う激痛……!!
今回ほんと痛かったです……前回の切り傷は鈍痛でしたが、今回の痛みは完全に火傷のような刺し傷のような……ビリビリチクチクで目の前がチカチカするような痛みで……(-_-;)


あれですよ、みなさんほんと怪我には注意してくださいね……自分の身体からとめどなくドクドクと赤黒い液体が流れ出てくる様子は圧巻ですよ。



………あれはあかんやつです。

















あっかん……だけに……!






というか現在進行形で親指痛いです。絆創膏はがしたらまたドクドクくるんじゃないかと思うと迂闊に部屋では剥がせません。
風呂場で剥がします……orz



どうせこんなに血を流すことになるなら、ケチケチせずにたくさんステーキ食べておけばよかった。








あっかん……だけに!
がしたいが為に圧巻とかいれたけどさ、よくよく考えると誤用じゃない?


ま、いいや。
スポンサーサイト



コメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック
トラバURL:  
この記事へのトラックバック