ハンネが柚希ひろ

ただし、私以外の柚希ひろ氏には当てはまらない。
自虐からのこんばんは。


もうね、明日で正月休み終わりとかね……orz

現実逃避に絵を描いていたはずが、気がつくと自分があまりにも絵が下手すぎるという現実を突きつけられる始末。


まぁ、これといった目標があるわけでもないからいいけどね。


最近知った現実といえばもう一つあります。


よほど打ち解けた人以外には自作小説が趣味ですとか言えない

私は現実にそれほどに打ち解けた人間がいないので、小説を書いてることも、絵を描いてることも、ブログをやってることさえ他人には秘密です。
距離のある人間に話すと白い目で見られることがわかったので……(普通はやり始める前から気づくべき)

素敵な趣味だと思うのですけどね、私は。
小説を書くことも、絵を描くことも、ブログを更新することも(;¬_¬)
創ることを楽しいと思えるのは立派ですよ。
なかなか世間には認めてもらえませんがね。
『自己満足を公開するのは恥ずかしいこと』
なんだそうな。
いや、そりゃ、うん、自慰行為を他人に見せてるには違いありませんし、人によっては不快感すら感じるのかもしれませんけど……

なぜ、こんな愚痴を始めたかと申し上げますと

自作小説、お絵描き、ブログを恥ずかしいことと言う人間ほどものを創らないじゃない

って、不満がなんか芽生えちゃって……
でもこれ偏見かな?(´`:)
……うん、これ偏見だ、ごめんなさい……。

てか、偏見云々それ以上に、不快感があったり恥ずかしいって頭がある人がそういった行為におよばないのは当たり前ですよね。
私はなにか勘違いをしている。

最近、この手の趣味をやりもしないくせに明らかに『見下す』方々を見る機会が偶然ありまして、実は私の中で『創作』というものが揺らいでいました。
私はブログを始めた瞬間から羞恥心がなかったので……ある種のカルチャーショックでしたね、今回の出来事は。
もちろん、私はその方々にはブログをやっていることも、創作を趣味にしてることも言いませんでした。
しかしどうてももやもやが残ってしまって、正直、少し創作行為から遠ざかったのも事実。なんだかあれらが頭をよぎってしまい、創作に前向きになれないんです。

どうしたらいい?(^^;)

……ってなると、気にすんなって話で終わりなんでしょうけど、あまり解決にはならないんですよね、正直。

なんだか毒を喰らった気分です。

マイノリティはいつだってこんなもんですけどね、ほぼいっつもマイノリティグループにいた私は諦めにも近い感情を持っています。


─────↑ここまで夜食前

─────↓ここから夜食後

こんな時間に夜食食べてたらなんかもう、色々どうでもよくなってきました!(*´ー`*)

他人がとやかく言ったからって自分の気持ちが揺らいでしまうのは自身、または自身の創作に対してまだ自信を持てていない証拠ですね。

マイノリティだろうとなんだろうと認めてくれる人がいる。
その人達に向けて作って認めてもらえば、初めから眼中にない方々の意見などどうでもいい!


結局『気にすんな』に落ち着いてしまうあたり、やはり私はブレブレですね(笑)



うん、記事のタイトルとカテゴリ見てもらえればわかるぐらいにはブレブレ。
本当はこの記事、絵について熱く語ろうと思って用意した記事なんだけど……ノープランで始めたらよぎっちゃってブレた。反省してる。


まあ、あれよ、とりとめのなさと唐突さが私のウリなのでそういうとこでいっちょお願いします。

今回の絵ね~…たまには丁寧にって思って描いてたはずなんだけど、服のしわとか髪の毛とかよくわからないなって思ってるうちにテキトーになった。
悩みながら描くのがもう嫌になって、ペン入れするにも関わらず下書きぶん投げてシャリシャリシャリシャリそれっぽくやっちゃった。
もちろん反省してない。
今後直す予定もない。
影、付け方わからない。
今後練習する予定もない。

いつか漫画みたいなのは書きたいと思ってるけどねー…現状だとそれが何年後になるのか……そもそも小説本編の完結が何年後になるのか……。

最近思ったのは初期、毎日一話ずつ更新していた私がどれほどすごかったのかということ。
今では考えられない集中力でしたね、毎日ノアのはこぶね更新していた私は。
当時は当たり前だと思ってたし、別に苦にはならなかったけど、リアルの忙しさに躓いて以来、あの感覚が取り戻せない……(´・_・`)
一日一話更新ほんとすごい。

せめて正月休みぐらいはと思って張り切るも、リアル三日坊主になってしまってなんだか切ないです。

日をおけばおくほどに書けなくなるってことはよくわかったので、連載小説を書いてる方々はほんと出来る限り毎日書いた方がいいですよ、大変だけど、本当にそうしないといつか全く書けなくなるから。いざ急に書こうとすると、人物が動いてくれなくなりますよ。私は最近それが悩みです。


ではでは、終わりまで唐突ですが、良き創作ライフを(´▽`)ノ
スポンサーサイト



コメント
おいっす、ひーちゃん(=・ω・)ノ
早朝とも深夜とも言えない妙な時間に、遠慮なくお邪魔する私を許すと同時に愛してください。←?

>毎日一話ずつ更新していた私がどれほどすごかったのかということ

やっと気づいたかw 本当にすごいよ、ひーちゃん。
昼間普通に働きながら、夜一から自分で創り上げたお話を書いて発表することが出来るということは、胸を張っていいぐらい、マジでむっちゃすごいことだと私は思いますです。

外野の雑音なんて気にすんなよ~としか、私も言える言葉がないんだけど、世の中にはたくさんのタイプの人がいるからさあ。
所詮素人創作者による公開オ●ニーでも、それを見て心から楽しんでくれるタイプの人もいるし、自分が思ったこと感じたことをとにかく文字やら絵やらにして発表しないと腐って泡吹くってタイプの人もいるし、それと同様に、そういうことを「恥ずかしいこと(笑)」って蔑むタイプの人もいる。
たまに面と向かって半笑いで「そんなことやってて恥ずかしくないの?」とか言われると、やっぱり多少閉口するというか、むっとしちゃって、「そんな狭い世界しか認められない自分の小ささは恥ずかしくないの? 私だったら恥ずかしくてとてもじゃないけど、そんなこと人に言えなーい」って、哀れみの目で言い返すという意地悪をしちゃうこともあるけど(笑)、それさえもきっと、『みんな違って、みんないい』ってやつなんだと、私は自己完結しているよ(*´∀`*)
実際別に、犯罪犯しているわけでもないしね~。言いたい人には言わせておく=放置プレイが一番。
それより、外野の雑音が原因で自分の好きなことに対して偏見持って卑屈になっちゃうほうが、ものすごく勿体無いよ。
時間って無限じゃないからさ、やりたいと本当に思ったときに、それがやれるかなんて分からないじゃん。
だから、それが何であれ自分が本当に好きなことや、やりたいことのために、今与えられている時間を費やすことはとても幸せで、とても価値があることだと思うなあ。
うん。なんかババアくさいね。まあ、ババアだからね、私。ま、と言ってもひーちゃんより二つ三つ上なだけだけどね!(キッパリ
なんか今、「おい待て」とか、「超嘘乙」とか聞こえた気がしたけど、あれですよ。細かいことは、気 に す ん な 。(笑)

大事なのは、自分の心の声。やりたいって言っていれば、やればいいし、疲れた休むって言っているなら、休むべきだし、とにかく外野の声より自分の声なんだぜーってことを言いたかったの、おしまい(´・ω・`)

長々とすまねえだ。
正月休み、心ゆくまでゆっくりしてね!
あ、そうだ! 放置プレイに拗ねて自分のキャラが動かなくなったときは、まったく違う設定の話(短いの)を作って、そこでそのキャラ(キャラの性格とかの設定は本編ママ)を動かしてみたりしていると、結構すぐに機嫌直して本編でも動いてくれるようになるよ! あくまで自論だけども(´▽`;)ゝ
じゃあ、まったねーん♪
2015/01/04(Sun) 04:43 | URL  | のん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
おはすー、のんちゃん!
…実は

 私 も 起 き て た (笑)

てことで一万年と二千年まえから愛してるー


一日一話更新は最初(船旅あたりまで)は雑だったけど、手慣れて来てた頃の話は読み返してほんと自分でもびっくりしたよ(´`:)
サウスパラダイスあたりかな?色々つめこんでたけど、毎晩毎晩あれ即興で考えて繋げてたとか今の私からしたら信じられないよね。
蛇足とかも多かったけど、よくまぁあんな広げかたで最後にうまくたたみ込んだもんだと感心した!自分のことだけどね(笑)
あのペースで今でも書けてたら、今頃は次の話も終わってたと思うよ。(次の話は短めの予定)

私がまさにその『吐かなきゃ腐って泡吹くタイプ』だったもんねwww
そしてのんちゃんかっこいい……(羨望)
──と、見せかけて目で見るだけかww
言えないよね、あんまりあからさまに見下され感出されちゃうと(´`:)
みんなちがってみんないいか……。
世界中の人がのんちゃんみたいな人で溢れかえったら、きっともっと色んなものが出来たり広がったりしてたのかもね……特に日本は違うものに対する扱いが冷たいからなぁ……。
時間は有限で、好きなことをできるのは幸せなことっていうのは最近ほんとに実感したよ(;¬_¬)
残業たらたらやってきて、帰ってきてご飯食べてシャワー浴びたら十時過ぎ。
ちょっとスマホいじれば十一時、ノアのはこぶねの更新は毎回だいたい1から2時間とってるのを考えると、ほんとに私生活切り詰めないと更新出来ないってのは辛かった(´・_・`)
のんちゃんも一時期死ぬほど忙しかったって話聞くと、まさに人生のお姉さん……。
説得力がもうお姉さん……。
存在がすでにお姉さん……。
うん、とても2、3上のおねえさんとは思えないくらいにお姉さんだわwww
ありがとう、なんだか創作に対する揺れがおさまりました(´;ω;`)

読み切り話だね!
本当はクリスマスか正月用の特別読み切り書こうかとも思ってたんだけど、ネタ練りに苦戦して間に合わなかったんだww
のんちゃんのアドバイスもらってやっぱり無理にでも書いとけばよかったと少し後悔した(笑)

参考にさせていただきます!
ありがとう、またモチベーションあがったよ!


2015/01/04(Sun) 05:19 | URL  | 柚希 ひろ #-[ 編集]
大事なものは
大事な人にしか、話さないですよ、私も。
ブログで小説を書いてることも、夫婦別姓なことも、子供がいないけどそれはそれでいいよってことも、そうそう誰にでも話したりしないですよ。
そのことを知って、理解を深めてくれる人や、その人自身の糧にしてくれるような人にだけ、話せばいいと思っています。
いろいろな人と広くお話しするのは、とても素敵なことで、「みんな違って、みんないい」と、私もそう思ってるけど。
宝物の鍵は、それが宝物だとわかってくれそうな人に渡したらいいと思います。

ひろさんの宝物を見せてもらえることを、嬉しいと思う人がここに集っています。
その溢れ出るキラキラした宝物を、これからも私たちに愛でさせてください。
2015/01/04(Sun) 07:24 | URL  | 雪村月路 #-[ 編集]
Re: 大事なものは

月路さん、おはようございますm(_ _)m

いわれてみるとそうですよね、私のブログは、というより、私がブログでメインで書いてる『ノアのはこぶね』は、価値のわからない人にはあまり安売りしたくない大事なものです。
多くの人に触れてほしいと思う反面、意味もなくべたべたと指紋で曇らせてほしくもないとは、実はこっそり(でもないか、わりと雑記で公言してる)思っています。

ものの価値は手に取った人が決めるもので、そのものが私の手元にある以上は、それを手に取らせるかを決めるのも私ですものね。

ある意味、私が性別含め諸々の情報を伏せるのも、現実に生きる『私』を知る人に作品をみせないのも、作品そのものの価値を色眼鏡なしにみてもらいたいからなのかもしれませんね。
変な話、私は自分に自信が無い分、ノアのはこぶねを私が書いているということにしたくない一面を持っています。
被害妄想だし、あまりよくない考え方だということはわかっていますが、せっかくの私の中で芽生えた初めての物語を『私』という存在に汚されたくないのです。
だから、現実に『私』を知る上で、その上澄みしか知らない人間に私の『創作』を見られることを私は酷く嫌うのかもしれません。

ブログを始めてからここへ来てくれるみなさんは、本当の意味で私にとって『仲間』かなと思います。
同じ創作者であり、『私』という色眼鏡通さずに作品を愛してくれる月路さんはじめ皆様には頭が上がりません。

そして、作品のみならず、本当をさらけだす『私』と向き合ってくれる。
現実に生きる私には出来なかったことが、皆様となら出来ます。

ありがとうございます、月路さんからの今回のコメントは、私に私のブログの価値を教えてくれました(´;ω;`)

これからも是非、よろしくおねがいします!
2015/01/04(Sun) 07:49 | URL  | 柚希 ひろ #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

トラックバック
トラバURL:  
この記事へのトラックバック