何度目でしょうかこの話題は。

わくわくしていたい。

いや、してます。最近も。

創作意欲はワクワク感。

そして、それは創作に限ったことではなくて、常にいろいろなところからワクワク感を得ていないと創作を続けることも、よりよいものを創ることもむずかしい。

あくまで私の場合はですが。

ゲームをやった翌日は、創作意欲が強い。

漫画を読んだ数時間後は創作意欲が強い。

知らない場所を散歩中なんかはずっと頭の中では何かを創っている。

これぜんぶワクワク感効果。

私が毎日物語を更新していた頃は、それはもう、私が私自身の創る物語に毎日ワクワクさせられっぱなしで創作がとまらなかった。

あれもやりたいこれもやりたいがあふれる。

そして、あれもやりたいこれもやりたいがあふれると、今度は時間や疲労が気になり始め、そうなると創作が手につかないことがイライラへと姿を変え、やがてそれは創作へのイライラと誤認して、手が止まる。

なんとなくわかってきました。

もっと良いものを視る、もっとワクワクする。もっともっと想像して、創造すること。

これですね。

やるべき、やらなきゃは捨てる。

やりたい、わくわくしたい。

この気持ちがあるだけで、創作は充実するし、創作を軸に生活をしている、またはしたい人間は人生が充実する。

なんてことを考えていたら、ワクワクしてきた。

仕事なんて片手間でそっちのけですよ。

スポンサーサイト