ハロウィンを台無しにしてやるっていってンだよおお!!!!

でーーーん!!!!

いまだかつてこんな真夏なハロウィンイラストをブログにあげた人間がいただろうか(いや、いない)

ざまーみろ(ぼそ)

ざまみろ(小声)

リア充はかぼちゃ食べて喉詰まらせれば良い。

リア充は菓子食って肥れば良い。

リア充は悪夢に魘されて枕をハミハミしてればいい。

彼女だか彼氏だかしらないけどあんあんあん盛りやがって。今夜はコスプレプレイか?

私の熱々のティーポットにあなたのミルクを激しく注いでだ?やかましいわ。

……はぁー…なにやってんだろ、私は……orz

みんなしてさー…みんなしてさー……

爆発しろ。

爆発しろ

くそう。寝る。。

スポンサーサイト


ハロウィンの夜だ。

この事実は一日中私を苦しめた。

今の私の心境にイベントは辛い。いくら過去を振り返らんとしても、イベントの度に思い出すのだ。きっと今晩もあの人は誰かも知らない人と眠る。

ぶっ壊してやろうと思った。私なりのやり方だ。最っ高にひねくれたハロウィン絵を上げてこの色ボケした夜を明るいものに変えてやろうと思った。

道化だ。ピエロになりきってやる。空気の読めない仮装でこんな最悪な気分は吹っ飛ばしてやる。

最近は不思議な力がわいてくる。怒りのような、後悔のような、憎しみとも悲しみとも、なんだか黒くてマイナスだけれどそんな感情が私を強気にし、背中を強く押す。

誰よりも早く仕事場を出た。

普段は目上の方が帰るまで空気を読んで残るけど、誰よりも早く帰り支度を済ませてさっさと自転車に乗った。

食事の時間も惜しくて、この気持ちに、この夜に仇成したくて、その一心でコンビニへと走る。

普段は悩む弁当もなんでもいいとさっさと決めて、のみものとカップ麺やなんかと一緒にかごにぶん投げてさっさとレジへと向かう。

お会計722円。

700円以上買うとくじが一度ひける。

ふーん。と思ってテキトーにひく。もちろんハズレ。

千円札を出して、おつりを受け取るとき、レジを打ってくれた小さなおばちゃんが私の手元を確認して言った。

「あらー、外れちゃったの?ざんねん……あ、そうだ、おばちゃんのひいたあたりあげるからね!いつもありがとう」

えっ……?

と思う。礼をいい、頭を下げてコンビニを後にした。

右手の袋には、かごに入れた覚えのないボトルコーヒー一本分の重み。

暗くて細い道へと入り自転車をこぎながらおばちゃんの言葉を思い出す。

何故か、ちょっと泣いた。

泣きながら自転車をこいでいた私は変な人だった。

がんばろう

マイナスの気持ちにプラスの気持ちも乗っかった。

でも、0にもマイナスにもならない。あいにく私は数学は苦手だ。

今日も絵を描きますよ!

私にしか描けない絵で、私の価値を刻みます!

食後の更新にこうご期待!!


毒も薬も力に変えての続き

これにて反省です!

実は、ネタアリスを描いたら代筆の話を持ちかけられたのが始まりでした

本当は版権あんまり描かないのですが←

ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行のキャラに挑んでみた所存ですw

以下柚希たちのみんなへのメッセジをどぞ

柚希『みんな、見に来てくれてありがとう

ちょっとへたくそな所も見せちゃったけど…気にしないでね!』

柚希『いやーありがと

……………悪ふざけはこの辺でやめましょう。

元ネタの人。本当にごめんなさい。すみませんでした。

キャラ、描き進めていますが、悲報です。

似ません。ほんと。かなり顔は気をつけて、参考画像を漁り、特徴を探し、最大限似せる努力はしました、が、似ませんorz

なんだろう、絶妙なバランスで出来てるんですね……版権キャラ絵って……

半端に手癖や画風(無個性)が身につきつつある私の味がどうしてもトッピングされてしまって頭抱えました。何度かいても似ませんでした……敗因が掴めません。

あと、表情が決まらなかった!!

明るい笑顔、流し目のドヤ顔、強気でイタズラな笑顔、ゲス顔、いろいろ試してみましたけどどれも似ないのもあってかしっくりきませんでした。

てことで、仮。ということでとりあえずその場しのぎの顔を描き込み、リュックと傘のアタリをとってタイムアップ。

なかなか難しいですね、版権キャラは……(´`:)

明日、小物や背景も描き進めて行って、どうしても納得いかなかったら描き直すんだぜ!!

顔だけかもしれませんし、頭部丸々、もしくは上半身。

あまりにもアレなら1から描き直すだけのやる気が今の私にはあります……!

塗ってみたらまた印象も変わってくるのかしら。どちらにしても、明日からまた1週間が始まるので今日はここまで!

なんか、傘が方向ぐにゃってる。これも直さないとなりませんね(´・_・`)

あと、、今更ながら線画くどい。

たしか後から線を細くする機能あったんでしたっけ?

どっちにしても、つぎからは少しペン設定を細くしてみましょうか。



突然ですが、私は結構原作厨(死語?伝わる?)である。

わたしが版権ものに手出しする時は、原作を尊重し、大事にしたい派であり、よほどネタに走らない限りはなるべく原作にしかないネタを使い、二次ネタとか、個人的解釈はなるたけ排除するように考えて作る。

そのためか、そもそも私はあまり版権には手出ししない。

自分のオリジナリティを出したいのもそうだし、原作にもファンにも粗相をしたくないからだ。

似たような理由で構図や画風も(影響を受けることはあるけど)意図して真似たり参考にしたりはしない。

そんな私にリクエストが届いた。

有名どころだ。秋葉原のフィギュアショップを三店もまわれば10体は彼女を目撃することであろう。

これだけでリクエストのキャラが誰だかわかるだろうか。

私はきわめて気を遣って描いたつもりだ。

キャラクターの名前に加えて部位ごとのワードを置いてオリジナルに足る要素を探して、比べて、一目で誰だかわかるように仕上げたつもりだ。

顔は本当に気をつけなくてはならないのであとにまわしたほどだ。

具体的には、まとまりがあり、先端にエッジの効いた特徴的なツインテ。それをまとめるリボンの角度、位置。リボンの角度なんて参考画像を参考にすると見切れるにもかかわらず見栄えより雰囲気重視で背後に回した。

ちょっとツインテが前すぎてカチューシャが描けない危機に陥っている。ちなみにツインテの長さは参考画像によりまちまちで本当に困った。

結果として、遠近感をきかせつつも長さが特定しにくいように描き、閲覧側の解釈にいかようにも判断をゆだねられるような小賢しい描き方にはしったつもりだ。

さらに探していくと細かいところがでてくる出てくる。靴の装飾、×のことではない、隙間の白ゴムだ。☆飾りとか、インしてるシャツの根が丸みを帯びて膨らんでいたり、スカートのスリットや、○ボタンの大きさが違ってくるとかわいらしさが出なかったり、襟のふにゃふにゃやタイがあまり主張しないところ。

てきとーに描くと見落としそうな脚の絆創膏、そして靴下は書き忘れてた(´・_・`)

このように版権キャラを版権キャラたらしめるのは大変なんだなーと再認識させられ、非常に勉強になっています。

リクをくれたすけしには感謝している。

すけしとはなんぞやというお方のために説明しよう、すけしとは変な人が好きな変な人だ。変な私とは何かと気が合うライバルであり、師匠であり、心の友であり、変な人だ。

私がまだブログがいかなるものかと模索し、変な粘土で変なものを変にコネコネしていたとき、私の変の片鱗(変だけにな)にいち早く気づきブログに最初にリンクを置いてくれた変な人だ!

すけしはある日いった。

『細い脚が好きだ』と

そしてロリコンで、私もロリコンであった。

ロリコンだが私はどちらかといえば脚はむちむち……というか、肉感のある曲線がすきだ。

今回の版権、参考キャラが脚が細かったから細く描いただけなんだから、勘違いしないでよね!

べべ、別にあんたのために細くしたわけじゃないんだから!!

これロリコンのくだり必要あったか?(´・_・`)

とまぁ、作業はなんとなく順調です。傘が描けないこと意外は(*´ω`*)

なにが言いたいって、版権キャラならオリジナルを尊重するのが私は好きよという話だったのでした。まる。


リク絵(step1、シルエット)の続き

十一月をもくぜんにして、スマホの制限がかかってしまいました。
不便で仕方ない。が、仕方ないorz

こんばん。雪さんからのアドバイスを念頭に置いてぬってみました!



アナログの頃からそうでしたが、どうも私は陰影表現が弱いらしいです……(´・_・`)
なんだろう、立体感が乏しくなる……
一度、初心に帰ってモノクロで仕上げる練習をすることも必要かもしれないですね。デッサンをサボっていた影響がここへ来てじわりじわりと陰を堕としています………


陰影……だけに!


………(´・_・`)


透明感ですね!
透明感は、なんとなくわかりました!
透明感を出そうと思ったらなるべく筆による色づけは避けるのがよろしそうです!
筆を使うとどうしても塗りに高さ?厚み?が出てくるので、極力筆を使わなくて済むよう、線とグラデの神隠し。……嘘、線とグラデとエアブラシで塗りを進めていくのが良いみたいです。
それと今回塗り過ぎました。もっと手を、もっと練習をと思い塗り込んでいきましたが、実はかなり早い段階でかなり透明感のある塗りができていたのです。
髪に筆で陰を入れ始めたあたりからまた塗りに厚みがでてしまいましたね。ざんねん。

逆になるたけ手をつけずに色味を出そうとした肌の方はまだ透明感の跡がみえます。
陰も線画として作って、バケツとエアブラシでなじませるだけで実は上手くいくのかもしれません。


それから、雪さんに教わった、線画の色に寒色



 マ ジ で し た 


裏技ですねこれ。透明度保護の使い方もおかげでなんとなくわかりだいかつやくでした!
しかしよくよく考えたら線画の色が黒いってだけで、そこに奥行きが出るのは当然かもしれませんね。奥行きや回り込みを表現したいときに、そこにインクを入れていくのはアナログでもあるテクニックらしいですし、現に私の線画もそれを取り入れたら嘘みたいに見違える出来に仕上がりました。←その様子はユウのがアルマの頭を撫でてる絵を描いたときの記事参照。

逆に言えば、抜けるような薄い表現をしたいなら線を極力細くして、なるべく強弱を抜くのも手なのかも………

それやると、本当に線に誤魔化しがきかなくなるのでかなりのテクが要りそうですけど……(^^;)


課題は、山積み。
でも、やらなくては変わりません。
がんばらないとなー