ペン入れの練習したかったのに、下書きで躓く現象。
スポンサーサイト

ペンが止まる瞬間の続き


この先、私の非常に黒い部分を晒す記事になります。
人によっては非常に胸くそが悪くなるような話ですし、私に対して美しい幻想を持っている方(ごめんなさい冗談です)は閲覧注意。





























読むのですね?
語ります!( ´艸`)



今日の仕事の終わり際の話です、私は『今日は早かったなぁ』なんて思いながらダラダラダラダラと別に急いでもいない仕事を片づけていました。
仕事は生活のための手段、出世したいわけでなければ最低限こなしていればいいのです。
そんなわけで、今日の夕飯なんじゃろない!と思考をシフトした私の耳に、話し声が聞こえてきたのです。

『え!?○○万!?』

『そーう、○○万ももらってたんだって。私びっくりしちゃったわよ』

声の主は派遣のお姉さんと私に仕事を押しつける某先輩。どうやら給料の話をしていたようです。
尚、話題にあがっていた給料の金額はプライバシー保護と、特定避けのために具体的な数字は伏せます。

私はなんとなく興味を持って、派遣のお姉さんと先輩の声に耳を傾けていました。

『は!?どゆこと!?手取りで?!』

そこはさ、相手年上なんだから敬語つかいましょ?先輩……。
私は思います。

『いやいや、額面上で。実際はそっから……そうだねぇ、八万ぐらいは引かれてたんじゃない?それでも手取りで○○万もね……まさか“自分の息子”がそんなにもらってたなんてね……』

人のプライドが折れる音が聞こえてきました。

なんとその話しの主役は派遣さんの息子さん!!
前に聞いた話だとたしか私と同い年だったか、それ前後。
ほぉー!もらってんなぁ!すごい!と、私が思って聞いていると、先輩の声に異変が……!!

『……へ、へぇ、、、そっか……まあ!仕事が違うからね!それは──』

先輩

声に悔しさがにじみ出てました

それもそうです。その先輩以前に

『まぁ、俺は大卒だからねー、君たちよりはそりゃずっともらってるよ?』

と、私と他数名にガッツリ給料自慢してましたからね、そんな人がそんな話聞かされて悔しくないわけないですよね(´・_・`)
その後の先輩の様子と来たら、明らかにテンションが下がってるのに派遣さんと空元気で……というか、心ここにあらずな感じではなしていました。

ちなみにその額は私の見立てでは先輩の倍くらいでしょうかね?
私と同い年ぐらいなのに。

そして派遣さんが帰った後、私も帰る準備をすませて先輩の方へ。

『私も帰ります、あとをよろしくおねがいしますね』

『……(下顎を突き出しつつ、無言で小さく頷く)』

そうです先輩、一人になった途端にガッッッツリテンション下がってたんです!
その表情といったら今にも物に八つ当たりをしそうな様子でグッとこらえた様子で……むしろ私が笑いをこらえるのにグッとしてしまったぐらいでww

『んでは、お先に失礼しまぁーす』

私の声は、いつもよりも70Wぐらい明るかったです(*´ー`*)

なにが気分が良かったって、先輩の鼻が折れたことと、先輩から明らかに『諦め』や『敗北感』がにじみ出ていたことですかね。
私はというと、そもそもお金にあまり頓着しないし、且つ、こんなところでハナから終わるつもりなんてありませんからね。ノーダメージどころか、むしろ『環境と努力次第ではわたしでもやれる』と思えたぐらいにして、その、なんでしょうか?
明確に生活に目標をもってる私からしたら助言じみた話でしたが、仕事=人生な先輩には少々酷な現実だったようですね(´▽`)

さて、数年後、笑っているのは私なのか、先輩なのか……。
とにもかくにも、今日の出来事のせいで、先輩は派遣さんの顔を見るたびにもんもんとする日々をしばらく過ごすことになるのでしょう!


普段から他人を見下している分、覆りようのない現実には酷くもろいのでしょうね。
なんていうか、今日の出来事を通して、やっぱり私は『普段の行いは形を変えて返ってくる』という考えを深めましたよ。

先輩は心の余裕のなさ故に他人を見下し、ショックを受け、私は心の余裕のおかげで今日の話がプラスに働いたのかな?


さぁ!私もやる気がでてきたよ!
月に何十万も稼げなくてもいいけど!他人に誇れる、他人を動かす物語をつくるよ!

今日も張り切って絵の練習をば!!!!!ヽ(`Д´#)ノ


人の不幸はなんちゃらら♪(閲覧注意)の続き



マンガを描く上で避けては通れない大きな壁──背景。

その存在感、難易度はお絵かき歴数年の私の心を折るにも十分すぎる大きさであり、私は今日も逃げ出したいorz

が、いままで逃げてきた結果がこれだ。
ここで逃げたらまたいつも通りである。

絵は枚数なんかじゃない。回数だ。
思考し、手を動かし、納得した回数こそがものをいう。
だから私は今日も消しゴムを左手に何十、何百、何千と書き直し、考え、納得する。
そうして出来上がった絵はたったの一枚だが、私はそうすることでその間に絵を何十、何百、何千と練習したことになるのだ。

よく『初心者は消しゴムを使わず練習しろ、迷い線を減らせ』というが、そんな必要はないんだよ。
『こうかな?こうじゃない。じゃあこう。これも違う』
を繰り返して、どんどん消しゴムを折って、紙を汚して、手を汚して描くんだよ。

そうやってまぐれでも良いから正解を一本見つけて、それをペン入れによって『保存』して、次からはそのイメージを引き出すだけで理想の線をひけるようにするんだよ。

………と、自分に言い聞かせ、折れそうな心を糖分で誤魔化しながら今日も練習をば……。



何がいいたいって

背景を難なく描く人はほんと神( ・_・)

背景が難しすぎて笑えない(*´ー`*)の続き



しかし、明日も仕事故に今日はここでタイムアップという現実。





今日も、朝、起きる。

仕事、いく。

かえって、くる。

寝る。








このままじゃ……終われない!!(´・_・`)


どうもおばんち。私です!
こないだ描きたい目標の絵を見つけたと記事を書きました!
それからまた絵を練習してるよ!!

……で、つまづきました。

(´・_・`)~具体的にさ、絵かければどうしたいのさ?

とば。

とば。


そうです、私には絵を描くことが目標となっていていまいち先が見えていませんでした。
夢?はあるよ?


一次創作界に革命を起こす!!

……ってのはすこし冗談すぎですけど、そんな感じ。
ノアのはこぶねにこめられた私の想い。思い出すと根本にくるのはやはりそれ。

よりたくさんの人の中に残る物語を。ですね

そのためにまずどうするの?

なんでもいいから作品にして伝える。

そのためのブログですね。
しかし来る日も来る日もアクセスは伸びず、私の更新無し期間ばかりが延び続け、ブログはある種の壊滅状態。

そしてわたし、今日、おきる、しごと、いく、ねる。


はたしてこれでええのかえ?(´・_・`)


よくない!!!
のはわかってるんよ!私の人生は一度きりで、すでに齢は23!来年夏には24!!
可能性がものすごい早さで収束していく。その先に見えるのは

わたし、今日、しごと、ねる。



ゆゆし、いとゆゆし

どうせ私の人生なんかたかがしれている、しあわせもつかめないだろう。かといって、私にふつうの幸せというものが与えられたとして、果たしてそれがわたしにとって本当に幸せなのかがわからない。
はっきりいって○ソみたいな人生だ。あ、ミソじゃないよ?

そんな人生なのは、いままで私が漠然とした人生観しかもっていなかったからだ。

習い事にしても、勉強にしても、人間関係にしても、仕事にしても、ただながされてイヤイヤこなして来た。
はっきりいって私がやりたいようにやったことなんて恋愛ぐらいだろう。
それすらもう望めやしない。

でも、ここであきらめるんか?ええ?あきらめるんか?

ざんねん!あきらめません!!


もはや私の人生は墓に片足突っ込んでる。
いってみればもう先が見えない。このまま終わるのが目に見えてる。三年だ、東京に出てきて私の人生は好転せず、むしろ悪化の一途で三年を過ごしてきた。
三年もあったのにまったく状況をうまくまわせなかった奴が、これからダラダラ生きてて変われるかい?


泥沼。私は今日も硬めの泥沼に一センチほど沈んだ。
そうやってこのまま頭まで埋まって息が出来なくて窒息死。

どうせ死ぬなら死んだ自分に花束の一つでもくれてやりたい。

ありきたりで○ソッタレな人生に一つでも華が欲しい。
ただの承認欲求かもしれないし、アホの戯言かもしれない。
それでもないよりはずっとマシだ。そういうふざけた思考が出来る内は私もまだ死んでない。もとい諦めていない証拠だ。

『いや、どうせ無理だし』

そう思ったなら、そこで人間は死ぬ。挑戦を忘れて現状を維持しようとすれば、結局時間という死神に命を刈られる。何もできないまま。

時間というものほど現状維持を赦さないものはないのですよ?

バカにされてもいい、どうせ無理だと言う人間は諦めている死人。生者の足をつかんで死へと引きずり込もうとするゾンビ。
そんなゾンビのうめき声なんてきく必要ないね。




……と、頭の悪い(←これは事実)夢追人のいいわけみたいなことをたらたらと述べましたけど、私だっていくらバカでも無鉄砲ではありません。
『じゃあ夢や目標のために今から変わりましょう、まずは仕事をやめて夢の世界へレッツラゴー』
なんてできません。そうやって急に現状を崩すのは得策ではないのです。
そもそも仕事もしなければお金もない。お金もなければ生活もできません。生活ができなければ夢や目標のレベルが『生活をすること』まで下がってしまいます。

保険はだいじよ?

夢の保険としてはまずは目標。
現状越えれるかもしれないくらいのハードルを高め高めに設定して、そこからまた先へ。

仕事、もとい生活をしながら、一次創作について目指すところ。

とりあえず私は今日、目標を定めました。


コミティア参加








です。









そう









コミティアに、参加する。









です。





あまりにも無謀?聞こえません。
私は変わりたいのです。
無謀とかなんとか言ってたら変われません。



とりあえず、現状小説は厳しい状態です。続いてない。そしてブログの状況からもお察し。
また、二兎追う者はわらじも二足?でしたっけ?と言いますし、この際小説は切ってしまいましょう。


おっと、断筆宣言ではありませんよ?あくまでもこのブログの目標はいつまでも『ノアのはこぶね完結』です。

でも、人生の目標のために本編の更新は無期休止とさせていただきますm(_ _)m


じゃあなに目標にするの?って決まってます。




漫画を描いてコミティアに参加






で、決まりです!!



と、いうことですので、このブログにしばらく小説は更新されな……というか、もはや小説に関してはほぼ休止状態でしたね。




最後に、まじめに絵を練習しはじめてわかってきたこと。


『出来る(描ける)』と思いこむことが大事。

描けないとか、出来ないも一種の諦め。
マイナス思考は遠回りな自○です。

てか、そもそも当たり前です。
出来ると思えばなんでもできると言えば大嘘ですけど、出来ないと思ってることが出来るはずがありません。
何事も、出来る直前には『できるかも?』がつきものですからね。
まるっきし出来ないと思いこんだままに出来るまで移ることなんてありません。少しでも出来ると思ってるから挑戦するわけですし。


みなさんも、『変わりたい』と思ったなら、それは心のどこかで少しでも『変われるかな』と思っている証拠。

あとはその気持ちをふくらませば、しぜんと行動はついてくる………はず………?




たった一度の人生ですよ!それでいいんですか?