さきほど
『ムシャクシャする』
という記事にコメントをくれた鍵コメ様へのコメント返信になります。

私のコメントが不正と判断されて返信できなかったので、ここに返信。

………あれかな、長い上に死とか殺とかも含んでる文だからかな?(´・_・`)
たまにコメント返信できなくなりますよね。なぜか。
てことで、コメントありがとうございました!

↓↓

おっと鍵様、重ねて丁寧な感想をありがとうございます!
今日はなんとなく眠りにつけなくて起きています。睡眠に波がありますね、大抵寝付けないときは歯茎が感覚を失って、まるで口の中だけが別人の物になってしまったような感覚を持ちます。薬はあまり好きではないのですけど、あまりに睡眠に関して粗が出るようならその手の薬の力を借りることも検討しようと思います(´`:)

のり子先輩の話にもどりますね。
鍵様のおっしゃる絶望という意味では、私はのり子先輩が死ぬことによって主人公に絶望を与えられると思うのです。
たとえば……なんでしょうか、パッと浮かんだシナリオは、のり子先輩悲願の相合い傘の帰り道、二人の向かいから歩いてきた通り魔に唐突に押し倒されてナイフで滅多刺しにされるのり子を、主人公は悲鳴を上げるでもなく、怒号を発するでもなく、ただ眺めているしかできないなんて………と、ここまで書いてやはり私のカラーからは逸れるな、と思いました。
それでも、その物語に伏線も匂わせもなかったような、それこそ読者様からするにまさに『事故』の様な死を演出することは物語に大きな意味を持たせられる……とも違いますね、物語としては唐突に無意味で陳腐なものになりますけど、ある意味作品としては急激に価値を持ちますよね。これがしっくりきます。
そうなんです。人の死を書くのが重要なのではなくて、それによってもたらされる絶望とか虚無感が物語を光らせるのであり、死の描写自体は淡白な方が。
たとえばさっきの例なら、後日談として通り魔が捕まったとか、花束やら供え物やらで誤魔化された殺害現場に主人公を赴かせるとか、そういう死の余韻とか、死の価値を変動させるエッセンスを加えることでより生きてる者に絶望を与えられるのでは……と、なんでしょうか?今夜の私は血の気が多いですね(-_-;)

しかし、そんな感じで主人公サイドに絶望感を与えると、それはそれで鍵様が紹介してくださった男性と似たような立場に主人公を置くことが出来ると思うのです。

一裂きでのどを潰され、声を上げることもままならぬ状態でただ刃物を突き立てられるヒロイン、その上半身は通り魔の背中で隠れて見えなくて、バタつく両手は赤く染まっていって、対して真白い脚に不覚にも色気を感じている間に瞳から光が失われていく。
そんなもんを見せられる主人公には確実にトラウマを植え付けることができて………ってまた(-_-;)

いや、あれですよ。普段全く書かないだけで、私は死の……って話はさっきしましたね。
直接の描写は省いているだけで、地味にノアのはこぶねにもかなりエグい死の描写はたくさん入れてますからね……リリーナの父親だったり、アルマの両親だったり、ライラの妹だったり、館の乙女だったり。

わたしもまとまりのないコメント返信になってしまいますが、結局は『生』も『死』も生きている者のための価値観であって、それらは簡単に物語を動かすことができますけど、大事なのはそれをどういう表現で書き表すかよりも、その事実を物語内の人物、もしくは読者様本人にどうやって読ませるか。これが最も大事ですねって話ですね。

そして死の描写の濃淡は、作中の人物にどういう効果を与えるかを考慮して調整する必要があり、その作中の人物に与えた効果が読み手の印象となってつたわるんじゃないかなって思ったのです!
……たぶん、こんな表現がしっくりきます(´`:)

逆にいうと、やたらむやみにポンポン殺すだけではかえって味気ないし、死なせる人物にしたって大事なのは死後の印象であるからして、単純に重要な立ち位置の人物が命を落とせばいいというわけではないということも考えなくてはなりませんね!!

極端な話、ノアのはこぶね内で『死』をテーマに、誰か一人の命を落とさせるとして、安易にメインキャラ、たとえばユウやティア、アルマやタマを殺してしまえば物語が盛り上がるというわけではないのですよね。
実際そうする予定があるかないかは別として。たとえ話です。


大事なのは命を落とす人間の人間性。周りとの関係。影響。
そのあたり考慮して、最善(?)のチョイスを行わなくては途端に物語が陳腐なものになってしまう……のでは?
なんだか堂々巡りしてきたような気もしますし、今日はもう寝ます(;¬_¬)

長くなってしまってごめんなさい、興味のある事に関しては語らずにはいられなくて。
これに懲りなければ、ぜひ、またのコメントをお待ちしておりますね。
重要なコメントをありがとうございました!m(_ _)m


↑↑


弾かれたコメントはこんな感じです。
スポンサーサイト




てきとーでいいよね?いい?ありがと。はいスタート。







前回までのあらすじ

高校生になった是出良樹は、文芸部に入部を希望していた。
入学式の帰り、良樹は『ぶんげいぶ、入部希望者募集中ですー』とよろよろとチラシを配る三つ編み丸眼鏡のみるからに地味な先輩を見つけ、文芸部だと確信の上で入部届けを提出する。
が、そのチラシを配っていた人物こそ、文ゲイ部の唯一の部員、地皆のり子であった。

最初こそのり子は地味であったが、一度偶然良樹がのり子を押し倒してしまって以来、彼女は豹変する。

狂気のエロスティックラブロマンス開演。


─────


「はぁ、まいったなぁ。母さんの言うとおりに傘を持ってくるべきだったよね」

ため息の一つだってつきたくなる。放課後の部室から眺める灰色の空は、酸性のシャワーをとめどなく流し続け、僕に帰宅をあきらめさせる。
窓に向かった長机に両腕を置き、その腕に顎を乗せてもう一つため息をつく。テカテカのチョコレート色は白く曇り、雨空と同じ色を放ち、また僕を鬱屈とさせる。今更チョコレート色に戻ってももう遅い。

「あーいあい♪ああいあーい♪」

ドンっと、身体に覆い被さる暖かさが僕を我に帰した。
ちょうど端から見た僕たちは、幽体離脱で抜けていた幽体が身体に帰るように見えるだろう。でも、僕に覆い被さるその身体は僕の容姿をしている筈もなく、そののんきな歌声の持ち主は続ける。

「のりー子さぁーんだよおー♪」

地皆 のり子

部活の先輩だ。
背中に押しつけられた胸板に柔らかさは乏しく、頭頂部に落とされた顎先はただただ痛い。おまけに髪の毛をくすぐる鼻息は生暖かくて不愉快だ。
伏せ込んだ僕の頭に乗った三つ編み丸眼鏡が窓ガラスに映り込む。その恍惚とした表情は、まるで傘のない僕に対して喧嘩を売っているようで、容易に脳内戦闘ウィンドウを開かせる。

殴る←
蹴る
ぶっ飛ばす
窓から落とす

一つ上の女性に対するにはあまりにも物騒なコマンドしかなかったから一度はウィンドウを閉じるも、パスパスと尻を叩く腰の感覚にイライラは最高潮に達した。
のり子先輩は頭がおかしい。かわいい男の尻が好きだとかで、どうやら気に入られた僕は時折こうして犯される。その上いちいち腰の振り方が下手くそでイライラする。

「のり子先輩、お疲れさまです」

「うっ、お疲れさま……はぁ……はぁ……」

「あの……」

「あっ、ちょっとまって………もう少しでイキそうだから」

そう言うとのり子先輩は上体を起こして僕の腰をがっちりと掴んで力強く腰を振り始める。

「………」

「はぁはぁ……うっ!」

「………」

「うわあああああああああ!!!!」

「………」

僕の尻に腰を押しつけたまま、のり子先輩はニ、三度痙攣すると、息を荒くしてぱたりとまた僕に被い被さる。

「……イキましたか?」

「……うん、今日も良かったよ、良樹くん……」

「そうですか。そんなことより傘がないんですよ」

「流石文ゲイ部員!わきまえてるね!」

のり子先輩はたまに外国語を話す。
ちなみに文ゲイ部とは文芸部とは似て非なる部だとのり子先輩は言っていた。
かわいい男の子が犯される部だという。そして僕は文芸部と間違えて文ゲイ部に入ってしまったのだ。
文ゲイ部の『文』が一体なにを意味するのかを聞いてみたこともあるけど、『ロマンだ』とだけ答えられただけでムカついた。結局文ゲイ部の文というのがなにを指しているのかはわからず終いだ。
のり子先輩は乱れたブレザーを整えると続ける。

「よし子きゅんは、どうして私があいあいしてたかわかってるの?」

「ご自身がメガネザルであると、自己紹介をしていらしたのでは?」

「アイアイとメガネザルは別の動物。そしてそれ何気にストレートにショック」

「あと、僕はよし子きゅんではありません」

「私と相合い傘で帰るためだよ!よし子きゅん!」

「人の話聞けよ!!」

両手を頬に当ててくねくねいやーんしているのり子先輩は最高にムカつく。
そしてのり子先輩は人の話を聞かない。
相合い傘?のり子先輩と?冗談じゃない。

「のり子先輩楽しみだなぁ、良樹くんとの初めての相合い傘……!雨の放課後、微妙な距離を保つ男女……微弱な磁石のように徐々に触れ合う右手と左手は──」

「結構です」

「え?」

独りで両手をニギニギさせながら語り始める地味な女子生徒には早々に釘を刺すことにしておいた。
大体なにが微妙な距離を保つ男女だ。ついさっき自分の股を僕の尻に打ち付けていた人間の選ぶ言葉じゃない。

「え……ど、どどど……どうして?私のこと、嫌いになっちゃったの?」

「もともと好きじゃないですし」

「そんな!よし子きゅんは好きでもない女に尻を突き出してたっていうの!?」

「ええそうですよ。好きでもないのに、無理矢理犯されてたんですよ」

「よ、良樹くん……。
……興奮、してきた……!」

僕は会話をあきらめた。
きっとのり子先輩は僕とは違う次元で生きている生き物なんだ。
もうこの際『興奮してきた』発言は流しておこう。
もちろん、単に一緒に帰りたくないだけではない。
ちゃんと理由だってある。

「もーう、いいのよ?恥ずかしがらなくったってさ?相合い傘ぐらい、そこらの『メイク王派手ス』たちは平然とやってるよ?私は派手スは嫌いだけどさ」

のり子先輩は、化粧の濃い女学生を『メイク王派手ス』と呼んでいる。
こればっかりは気の毒な話なので紹介しておくけど、のり子先輩は幼稚園児のとき、髪を染めてた同級生に人形を壊されたらしい。それ以来のり子先輩は見た目が派手な人間を嫌っている。
あらためて紹介してみたら心底どうでもいい話だった。そして僕は恥ずかしがっているわけではない。

「いえ、僕は家に帰りたいんですよ。のり子先輩……絶対そのまま僕のこと家に持ち帰るじゃないですか」

最初にこの人の家に招かれたとき、肛門に唐辛子エキス入りのローションを塗られた事を僕はまだ許していない。

「……そっか……」

「………ええ」

「その発想はなかった!盲点だった!!………雨天だけにね?」

「………いえ」

「……あ、今日、ウチね、お父さんもお母さんもいないから。
でも、ちゃんと良樹くんはお家に返してあげるから!」

「………ほんとですか?」

「晩ご飯はピザでもいい?」

「……ん?」

「冷たい雨に濡れるのか!温かい私に濡れるのか!好きな方を選べっていってんだよおおおおお!!!!良樹!!」

「んんんん!?」

十分後、そこには右腕に絡みつくのり子先輩を家へと送り届ける僕の姿があった。


────

続きはWEBで。


むしゃくしゃするの続き


ここ半年ぐらいでしょうか、とにかく眠いです(´`:)

起きてられない起きられない、そして寝ていたい。そんな感情が生活の大半を削っている気がします。
この間なんて一度仕事中に首がかくーんと落ちましたしね…。

私はたぶん多趣味です小説から、落書きから散歩から、ゲームから、工作やらやら……しかし睡眠に趣味に当てる時間を削られすぎててほんとになにも出来ない

昨日もそうです、仕事中に『そういえばまた小説から離れがち』ってことで、この間書いた『リハビリ小話』の続きを考えて、よしあとは書くだけだと言うところまで持ってきたのですけど、九時に寝ました。
入浴、食事をすませると起きていられなくなり、やはり九時に寝てしまいました。
だからといってはやくおきれる訳でもなしに、私は五分寝坊します。
だからといってすっきり起きれるわけでもなしに、疲労感と倦怠感がぬけ切りません(´`:)

寝過ぎて逆に疲れてるのかと思って、一時まで起きてると翌日がひどく辛くて結果、帰ってくるとまた九時には就寝している始末。

去年は一時寝安定で別にこんなにひどい眠気は無かったんですけど……というか仕事中に落ちたことなんてありませんでしたし………。


身体のネジがどっか外れたのかな?(;¬_¬)

身体というか、内蔵から眠気がきます。
最近身体の内側がジワジワと麻痺しているような感覚が一日中続いてて、それが弱い頭痛とか気だるさになっていて、その気だるさがそのまま眠気に……と

あと、野菜ジュース。これのむと物凄く眠くなります。
昨日も飲んだのですけど飲んで一時間半ぐらいすると内蔵のじわじわが最大に。
野菜ジュースって内蔵に負担かけるんでしたっけ?
つい先日、ステーキを食べきれないという現実に直面してしまったせいか、少し健康というものについて敏感ですorz

今日は帰ってきたら12時ぐらいまではちゃんと起きていたい(°°)


昨日はさ、しもふりのこと悪く書いた上にさのまま寝ちゃってごめんね?☆


てことでお絵描きの続き!

ティア氏を描き始める前にとりあえず自称お兄ちゃんの細かな手直しをば………



ごめん大嘘。すげーざっくり手直した(´`:)

そしてもうひとつ大嘘。

ティアはまだ描きません。

なんかペン入れな気分だったから、とりあえず先にペン入れてみよ?ね?




みなさんもさ、『失敗したらそれっぽく誤魔化しなさい』って教わって生きてきたんでしょ?( ・_・)



おわかりいただけるだろうか
この勢いでやってしまった感バリバリの小さな小さな『ハネ』一つで仕上がりに多大な影響を与えるのです。

こういうのはね?
やはりそれっぽく誤魔化すに限るんよ(´・_・`)
ペン入れは過酷な作業です。常に失敗と隣り合わせであり、プレッシャーとペン先と神経のすり減りとインクの不具合との乱戦なのです。


はいさ!ペン入れ終わり!……ではないね、厳密には……。

消しゴム掛けしてから今度こそ仕上げ!
んでもねー。消しゴム掛け嫌いな人って多いよね?
作業がめんどくさいとかそういうのじゃなくてさ、ラフってのは無駄な線が多くて、迷い線も多いと線自体も太ってるんよ。
んで、それらのおかげで華やかに見えるし、その中から人の脳てのは『最善の線』をえらぶんよ。だからラフってのは『上手に見える』わけ。
そのせいで、ペン入れしてから消しゴム掛けをするとハッタリやごまかしが効かなくなるから、あふれんばかりのコレジャナイカンに苛まれる。だからみんなペン入れ後の消しゴム掛けが嫌いなんよ。

でも


そんなのこわがっててペン入れなんてできるかよおおおおおお!!!!(´・_・`)


まかせろ。私がばっちり下書き線を消してきてやるからな。失敗をおそれるんじゃないぜ、アナログ勢!!
ボタン一つで修正しやがるデジタル勢なんてインク一つでぶっ飛ばすんよ!!p(`Д´)q

………あ、あれですよ。消しゴムがけするときは、紙がくしゃ!とかびりっ!とか逝かないように焦らず、落ち着いて、ゆっくりやらないとあかんよ?私との約束です。

てことでちょっと消しゴムかけてくるよ。この駄文書いてる間にインクも乾いてくれていることでしょう(*´ー`*)


はい、消してきたよ。

まぁ、わかっちゃいたけどさ

ずいぶん、うすくなったなぁ………(´-`)


んじゃ、こっからペン入れの仕上げをば。
それ終わったらティア氏かぁ……道のりは長いね。






…………仕上げ…終わったけどさぁ………

終わったけどさぁ…………


あかんて。あかんてこれ。

どう見てもやりすぎてるってこれは!(°°;)



とりあえずいったんキリがいいってことで、画像の加工も入れてみたんよ。

………にしても……これは……( ・_・)

……ま、まぁ、なんだ。なんか、きれいでしょ?ね?

てことでティア氏の下書き、いってみよーかどー。



ティア氏!できたよ!(´▽`)ノ



……………いやごめんなさいってば。
いいじゃん、ちょっとふざけただけですよ……ちゃんと描きますってば(´`:)
の前に、ユウの顔もちゃんと仕上げてまうんよ。




ティアは……こんな感じだろうか?




いやいやいやいやこれはあんまりにもあんまりか(´`:)
悲壮感が漂いすぎてる。漂いすぎている。

もっかい描いてくるよ。




ダメですね。
疲れもあるのか、明日の仕事への精神状態も出てるのか……


あまりにも悲壮感漂う構図しか浮かばない件


時間も時間だしね。
あと、私はティアに怨みがあるわけでもないのでこんな仲間外れな絵を描く気は無いんよ(´・_・`)

てことで、もうすこしノアのはこぶねらしさのある構図を考えつつ、今日は寝ます。

今日もつきあってくれていた方々は、明日以降の続報を待ってくださいね。


ではでは、おやすみなさい。


落書きの過程を載せるだけの記事 その2の続き


最近夜更かしが出来なくなった上に、胃もちいさくなってくるしい。




具合悪いから手短に書きます。

今日、うきうきしながら黒毛和牛のサーロインステーキを買ったのです。
200gで2000円のやつ。
最高の気分でした。おいしかったです。






けど















食べきれなかった……orz





みなさん、たかだか200gですよ?
去年あたり、手のひらほどもあるジャンボステーキをぺろりと平らげていた私がですよ?高級ステーキをですよ?


………ほんと涙でてくるよね。私、老けた。


霜降りの脂がもう駄目、具合悪い、今すぐ吐きそう。頭痛い(´`:)


いつまでも私は若いものだと思っていました。
しかし現実は長時間座れば背中は痛いし、散歩に出たら向こう三日は筋肉痛ですし、起きて深夜の一時を過ぎたら翌日のパフォーマンスは落ち込みますし、週6で仕事があれば残業なんてしなくても土曜は白目。


あれかな、私、実は他の人以上にひ弱だったのかな( ・_・)
学生の頃は平日深夜までバイトして次の日の始発で片道二時間の学校へ。
金曜日も深夜、土曜日は昼から夜まで、日曜日は朝から夕方までバイトで休日を全部つぶして、元恋人との時間もつくってて……それでもあの人の前では決して『疲れた』だけは口にしないってぐらいのやせ我慢も出来ていたのに……出来ていたはずの私なのに……どうしてこうなったorz



あえて言います











ステーキ食べてて疲れました


食事をとるのにも疲労を感じるだなんて、もうそろそろやばいですよね…(°°)



絵……そう、絵、描こうと思ってたんよ………。

ちょっとさ、胃が休まるまで休ませて。
あのね、身体はね、いいの。今週三日間しかなかったからね?
でもさ、胃がね?胃がさ……重くて苦しくて鼻息荒いんよ、今。
シャワー浴びたいけどね、体温あがったら吐きそうでやばいんよ。

しもふり ダメ 絶対。

先に謝っておきます。
ごめんなさい